コジマ技研の歴史 History

1977年
昭和52年

MA102(卓上型)1977年発売

1号機。当時、社長がコジマ技研を創立前に焼鳥屋さんから依頼されたのが切っ掛けで開発した機種。当時、巷ではマトモに刺せない串刺機が多かったが、さまざまなユーザーから好評を得て拡販した機種。
1981年
昭和56年

MA200(卓上型パレット式)1981年発売

コジマ技研創業と共に制作販売された機種。MA102の発展型として食材を置くトレーを5串単位のパレットに変更し量産を図った。
1983年
昭和58年

MA300(卓上型パレット式)1983年発売

MA200の発展型。5串単位のパレットを10本に変更し、更なる量産を可能にした。
1984年
昭和59 年

MX3000(卓上型コンベア式)1984年発売

コンベアを利用した初の機種。パレット式からコンベア式に変更して使いやすさと量産を実現した。
1985年
昭和60年

MX-3(大量生産型コンベア式)1985年発売

卓上型で信頼を得たユーザーからの強い要望によって生まれた大量生産型の大型機。時間当たり2,500本を実現した。

MX-6(大量生産型コンベア式)1985年発売

MX-6の兄弟機。串刺し機構を2機並列させる事で時間当たり5,000本の串刺しを行えた。
1990年
平成 2年

MYシリーズ(大量生産型コンベア式)現行機 
1990年発売

1990年にシリーズ1号機を発売。以来、改良を重ね後に鉄砲串を使用できるタイプも発表。常に改良を重ね現在も販売される実績と信頼のベストセラー機。20012年には機構に大幅変更を加えさらに使いやすくなった新型MYシリーズを発表。
1995年
平成 7 年

MWAシリーズ(大量生産型コンベア式高速空圧駆動)
現行機 1995年発売

新設計の高速空圧駆動方式を採用しユーザーからの更なる大量生産の要望に応えたシリーズ。
2008年
平成20年

MUVシリーズ (大量生産型 新設計連続式コンベア)
現行機 2008年発売

新たに連続式コンベアを採用し低騒音低振動少電力となったモデル。コンベア部を脱着し洗浄を楽にしたSタイプやMYシリーズ同様に鉄砲串を使えるモデルもラインナップ。
2009年
平成21年

ちびスケシリーズ(卓上型)現行モデル 2009年発売

ユーザーから要望の大きかった卓上型のMA102の復刻版。もちろん設計も新たに”ちびスケシリーズ”として発表。

このページのTOPへ